« KDPに登録しました | トップページ | 名探偵ピカチュウ »

2019年5月 4日 (土)

ザ・フォーリナー 復讐者

「ザ・フォーリナー 復讐者」を見てきた。
ジャッキー・チェン主演のアクション映画で、悪役にピアース・ブロスナン。
元米軍特殊部隊の工作員であるジャッキーが、テロで娘を失ったことをきっかけに、
首謀者と目されるピアース・ブロスナンを追い詰めていく、というお話。

いわゆる「ナメてたおっさんがヤバイやつだった」系のお話なのだが、
ジャッキー・チェンが殺人マシンとなって悪党を成敗しまくるお話かというとそうでもない。
この手の映画らしい大量殺人シーンはなく、かなりリアルっぽい作りである。
ジャッキー・チェンも60才を越えたおじいちゃんという設定で、
チンピラなど問題にしない程度には強いが、それでも結構苦戦するシーンが多い。

リアルっぽいのはアクション部分だけではなく、テキストも同様。
悪役として登場するピアース・ブロスナンだが、直接ジャッキーの娘を殺すわけでもなく、
ある意味では彼が被害者とも言えるシーンがあったり、なかなか深い。
ジャッキー側にももちろんいくつかの落ち度があって、シナリオとしては結構複雑な方だろう。
登場人物が密かに裏切っていたりと、その辺もしっかり考えないと混乱するかもしれない。

政治系の知識も少しは必要。アイルランドとイギリスの関係について予習しておく方が、
話としては理解しやすくなるはずだ。ただ、IRAが日本語字幕ではUDIという謎の組織に変更されているので、
気になる人はその辺りがかなり気になるかもしれない。

ともあれ、リベンジものとしては結構リアルっぽい作りなので、
悪党惨殺映画を想定していると肩すかしを食らうかも。
映画としては十分おもしろいので、是非見ていただきたい一作ではある。
目が死んでいるジャッキー・チェンを見られる、希有なチャンスでもあるし。

« KDPに登録しました | トップページ | 名探偵ピカチュウ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« KDPに登録しました | トップページ | 名探偵ピカチュウ »

フォト
無料ブログはココログ