« ハンター・キラー 潜行せよ | トップページ | アベンジャーズ エンドゲーム »

2019年4月20日 (土)

シャザム!

「シャザム!」を見てきた。DCユニバースのスーパーヒーロー映画で、
14才の少年がスーパーパワーを手に入れてしまった、という筋書きで始まるお話。
体は大人で頭脳は子供、という某名探偵の真逆を行くスーパーヒーローである。
ヴィランとして登場するドクター・シヴァナにはマーク・ストロングが抜擢されている。

未熟な人間がスーパーパワーを手に入れるとろくなことにならないのだが、
本作ではそのろくでもなさを明るい方向で処理しており、劇場内では笑いが絶えない。
スーパーパワーを見せつけるセルフィーをやったり、動画を撮って収益化したり、
公演でパフォーマンスをして金を稼いだりするという悪逆非道っぷりは見ていて笑うほかない。
シャザム側のストーリーは楽しく気持ちのいいものばかりだ。

もちろん、スーパーヒーローなので暗いシーンもいくつかある。
だがそれを補ってあまりある明るさが本作にはあり、
晴れ晴れとした気分で劇場を出られるのが何よりもすばらしい。

印象的なのは、孤児である主人公を引き取った家族の話。
「里親」であることがスーパーパワーだと語り、あなたのスーパーパワーは? と問いかけてくる。
毎月のように銀幕でスーパーヒーローが暴れ回る今だからこそ、この言葉は重い。

スーパーパワーとは超人血清でもなければ、ハイテクパワードスーツでもない。
善を成そうとする精神そのものである。それを一言でも語ってくれるスーパーヒーローがどれだけいるだろうか?

シャザム、いい映画である。明るく楽しく、つらくてもめげずに前に進んでいく。
エンド・ゲームを見る前に是非。自分のスーパーヒーロー像を、今一度問い直そう。

« ハンター・キラー 潜行せよ | トップページ | アベンジャーズ エンドゲーム »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハンター・キラー 潜行せよ | トップページ | アベンジャーズ エンドゲーム »

フォト
無料ブログはココログ